ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーの狭く深いブログ

銃ってのはな、撃った数じゃねぇんだよ!

仕事帰りにタワレコで昨日から配布開始したCrispy Camera ClubのサンプラーCDを貰いに行くも、僕が行った時点では配布終了でした。残念…

気を取り直してゲーセンに向かうと、前から気になっていたメダルゲーム「もしかして?おばけの射的屋(エンハート)」が導入されていました。ガンシューティングタイプのメダルゲームです。

f:id:zacky0312:20190718214041j:image

ゲーム画面
f:id:zacky0312:20190718214036j:image

ガンコン置き場

ナムコのメダルシューティングシリーズやセガの「メダルのガンマン」が大好きだった自分は『またメダルガンシューが遊べる!』と期待していました。軍資金300枚を手に着席。メダルを入れるとクレジットが入り、それを消費して弾を撃つスタイル。ガンマンと同じですね。ガンマンと大きく違うところは『ターゲット毎に配当が決められており、倒したらすぐにメダルを獲得できる』点と『弾一発の価値を選べる』ところです。

マックスベットの10枚弾でゲームスタート。そして10分後に全滅。ゲーム内容は最近増殖している『弾の価値を選択し、それに見合った敵を倒すキッズ向けシューティングゲーム』そのもの。アバウトに銃口を向ければ勝手に標準を合わせてくれますし、的を倒せるかどうか完全に運任せなのでガンシューを遊んでいるという感覚はほとんどありません。

子供には面白いと思います。こんなゲームばっかり増えている今のジャリメタ(キッズメダルゲーム)に向け、次元大介先生の有難いお言葉を借りてこの記事タイトルを付けさせて頂きました笑

 

射的を終えて『運任せじゃないゲームがしたい』と思った僕は半年ぶりにセガ音ゲー「チュウニズム」を遊びました。

f:id:zacky0312:20190718235918j:image

Vitalization
f:id:zacky0312:20190718235938j:image

あ・え・い・う・え・お・あお!!
f:id:zacky0312:20190718235942j:image

シュガーソングとビターステップ

腕は落ちてましたが、久しぶりに遊ぶとすごい楽しいです。

上手い人は手袋を着用して遊んでますよね。昔はポップンを手袋しながら遊んでる人が『繊維がボタンに入り込むからやめろ!』と店員に怒られてたのに音ゲーの時代も変わったなあと思いました。

 

取り上げるのが今更になりましたが、秋葉原のパチンコ店「アイオン秋葉原店」跡地にオープンした「セガ秋葉原5号館」のレトロゲームコーナーが好評みたいですね。近いうちに遊びに行ってきます。

 

次回は夏にぴったりの機種紹介の予定です。

それではまたお会いしましょう!