ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーの狭く深いブログ

ストリートナインボール(泉陽興業)

このブログ初のプライズゲーム記事になります!

記念すべき第一回はSENYOこと泉陽興業の「ストリートナインボール」です。

製造会社の泉陽興業よこはまコスモワールド葛西臨海公園の観覧車などを運営している遊具メーカーですよ♪

f:id:zacky0312:20190325211527j:image

よこはまコスモワールドにて撮影

 

1ボールを投げてパネルを倒すフィジカル系カーニバルゲーム。

ルールはとても簡単。制限時間内に11球(デフォルト設定)で9枚全てのパネルを倒せば景品獲得。TBS系列で昔放送されていたテレビ番組「筋肉番付」の「ストラックアウト」とほぼ同じである。

バッティングセンターに置いてある本格的なストラックアウトと違いこのゲームはターゲットまでの距離がプレーヤーから近いため野球経験がない人でも楽しめる。

5番パネルの周りにフレームがあるバージョンと無いバージョンの2パターンを確認。当然フレームがあると難易度が上がる。

f:id:zacky0312:20190607213025j:image

フレーム無しバージョン

本家ストラックアウトより1球少ない11球がデフォルト設定の球数となる。1投1枚で考えるとミスは2回までしか許されないので難しそうに見えるが、おなじみ二枚抜きや跳ね返った球が手元に戻ってくるといったファインプレーが発生しやすく見た目以上に簡単。

 

珍古ポイント ★★★☆☆

稼働開始から20年近く経つ現在でも遊園地のカーニバルコーナーや埃臭いゲーセンにそこそこ置かれている。


おもしろさ ★★★☆☆

難易度の低いストラックアウト。パーフェクト目指して友達と挑戦してみよう。


景品の取れやすさ ★★☆☆☆〜★★★★★

設定とメンテナンス具合による。例としてトップ画像を撮ったよこはまコスモワールドだとメンテナンスがしっかりされており球数が標準より少ない10球でフレームありと難しい。それに対しショッピングセンター内によくある廃棄処分寸前のゲームを集めたようなやる気のないゲーセンはパネルの起き上がる力が弱くなっており、強く球を投げるとその振動であらぬパネルが倒れるケースがありヌルゲー状態で放置されている事が多い。


ストレス ★★☆☆☆

完全実力ゲーなのでクリアできなくても自分の実力不足という事で納得できる。


技術介入度 ★★★★★

当たり前だが自分で球を投げないとクリア不可。クレーンゲームと違い店員アシストのしようがないので景品が欲しければ自分でなんとかするしかない。

 

スポーツが得意な人は簡単に景品が取れるゲームだと思います。みんなの前で遊んでかっこいいところを見せつけちゃいましょう♪

閲覧ありがとうございました。宜しければ他の記事もご覧下さいませ。