ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーの狭く深いブログ

ゲームメーカーの経営するテーマパーク ナムコ編

 

前回に続きゲームメーカーの経営するテーマパークとゲーセン以外の施設についてお話します。

ゲームメーカーの経営するテーマパーク セガ編 - ざきぱいアシンメトリー

前回のセガ編はこちらからどうぞ。

 

お待たせしました。今回はナムコです。

前回記事冒頭でお話した通りナムコ経営のジャンプ作品をモチーフとした屋内テーマパーク「J-WORLD TOKYO」が先日閉館してしまいました。この施設は二階建てだった屋内テーマパーク「ナムコナンジャタウン」の半分を改装してオープンしたものです。「ワンピース」「NARUTO」「ドラゴンボール」の三作品に力を入れており、体験型アトラクションやライドアトラクションがありました。中でも世界で唯一のワンピースのダークライド「ワンピース ソルジャードックアドベンチャー」が目玉アトラクションでしたが2018年に終了。他、VRのアトラクションや作品のキャラクタになりきれるアトラクションがありました。雰囲気はファミリー向けです。

一方、J-WORLD開発のため規模が半分になったナンジャタウン。当然ナンジャタウンのファンからは不満の声が続出。ナンジャタウンはもともと百貨店の跡地に作られた室内遊園地なのでローラーコースターやフリーフォールといった絶叫マシンのような大掛かりなアトラクションを作れません。ジョイポリスと同じくゲーム感覚で楽しめるゲスト参加型のアトラクションが多くを占めます。ゲームカードを購入すると次に来た時もアトラクションを続きから遊ぶ事ができるという斬新なサービスも。ナムコテイスト溢れるアトラクションは味があって楽しかったです。『こんなおバカな事をするのか…(褒め言葉)』と思うアトラクションもあったので気になった方は昔のアトラクションを調べてみてください。管理人が最後に行った時は写真がもらえるお化け屋敷「怨念旅館(現在は営業終了)」に何回も入りました。コラボイベント目当てのゲストが多くて休日にも関わらずアトラクションの待ち時間は少なかったです。

最近大阪にオープンしたスポーツのテーマパーク「VS PARK」も注目されています。

新宿と大阪にある「VR ZONE」。外国人観光客に人気です。ショッピングモール内のナムコ店舗にはVRアトラクション単体の「VR ZONE portal」があります。アーケードの名作「ラピッドリバー」がまさかのVRで復活。レトロゲームファンを驚かせました。

ファミリー向け施設も多数。ウルトラマンシリーズに特化した「ヒーローズキャンプ」が名古屋に、「あそびパーク」が全国展開しています。

イギリスの玩具販売店「ハムリーズ」の日本展開はバンナムが担当。2019年3月現在横浜と福岡の2店舗がオープン。おもちゃの実演販売をしていたりメリーゴーランドがあったりと家族連れで楽しめます。


f:id:zacky0312:20190311205700j:image

f:id:zacky0312:20190311205705j:image

f:id:zacky0312:20190311205710j:image

ハムリーズ横浜にて管理人撮影

赤を基調とした店内はおもちゃ箱の中にいるようで楽しい。カフェもあります。

キャラもの扱いが上手いバンナムはアニメカフェ「アニON」を秋葉原に本店を置き全国に5店舗展開。期間限定のイベントが開催されています。

f:id:zacky0312:20190311222707j:image

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場カフェ。

  • 知人から渋谷凛ちゃんドリンクの画像を提供して頂きました!ありがとうございます(*^^*)

 

最後にナムコファンなら知らない人はいないワンダーエッグの話でもしましょうか。

期間限定のテーマパークとして東京都世田谷区二子玉川に1992年にオープンした「ナムコワンダーエッグ」。大人気で当初の営業予定から大幅に延長し2000年に閉園。28人で同時に遊べる伝説のガンシューティングゲームギャラクシアン3(累乗の表記をするようにタイトル右上に小さく数字の3。)」と遊具メーカートーゴとの共同開発のライドアトラクション「ドルアーガの塔」が大人気でした。本物のオーディションに参加できる「ザ・スタアオーディション」で妻夫木聡さんがグランプリを取ったのは有名ですね。「ギャラクシアン3」は後にコンパクトな6人用筐体も発売され全国のアミューズメント施設に置かれました。特筆するのは「ドルアーガの塔」。搭乗者は勇者ギルとなり乗り物に乗り込んで剣(赤外線センサの銃)で行く手を阻む敵を倒しさらわれた恋人カイを救い出すという原作ゲームと変わらないストーリーで楽しめるアトラクション。ゲームの精度によってエンディングが3つに分岐する。一番ダメなエンディングだとドルアーガ(ラスボス)と戦う権利すら与えられる事なくそこでアトラクション終了。ドルアーガと戦える場合は専用コースに乗り物が進みそこで決着を着ける。無事にカイを救出するとベストエンディングとなり記念品が貰えた。ゲームのようにドルアーガを倒した後にカイを間違えて刺し殺して違う面にワープなんて事はないですw

年々定義がおかしくなってきているロールプレイングゲームの元々の意味は「プレーヤーがゲーム内のキャラクタを演じるゲーム」です。「ドルアーガの塔」は自分がゲームの主人公となって原作ゲームと同じ体験が出来る最高のロールプレイングゲームだと思います。

ラピッドリバーがVRで復活した事だしドルアーガVRアトラクション化の可能性はゼロではないですよね?酔いやすい私でもトライします!バンナムさんお願いします!

 

記事を書いていて昔から今までナムコってテーマパーク事業に精力的だったんだなあと感じました。

一般的な遊園地のように座ってるだけで終わるものではなくプレーヤー参加型のアクティブなアトラクションを生み出した功績は大きいです。

 

お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。

お詫びと言っては何ですが本文を当初の予定の約2倍に増やしましたw

次回はSNK編の予定です!

公開時期は未定となっております。

 

宜しければ当ブログの別記事もお楽しみください。

閲覧ありがとうございました!