ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーの狭く深いブログ

レジェンドオブエルドラド (アルゼ)

『もしかしたら1000年後には価値のあるものになっているかもしれないな』

レイダース 失われたアーク」より

常に最新のゲームを揃えておかねばならないゲームセンター。今は遊べなくなったレトロゲームはもちろん、どんなクソゲーにだってファンはいます。価値のないゲームなんてないでしょう。

来年公開のインディ・ジョーンズ最新作が楽しみですね!

 

という事で今回紹介するゲームは「レジェンドオブエルドラド」です!2003年にアルゼより発売。開発はアメリカ合衆国ネバダ州のUDN社。


f:id:zacky0312:20190207195623j:image

f:id:zacky0312:20190207195700j:image

ボーナスゲームの配当と金ボーナス揃いの様子

 

冒険活劇映画シリーズ「インディ・ジョーンズ」の主人公ジョーンズ博士とそっくりな主人公が宝を求めて冒険するメカニカルスロットマシン。ここまで予告演出依存のメカスロがあったか?と思うほど予告演出が鍵となっています。このゲームを「インディジョーンズのメダルゲーム」や「パチモンジョーンズアドベンチャー」と呼んでいるメダルゲーマーもいます笑

タイトル名の「レジェンドオブエルドラド」を日本語に訳すと「黄金郷の伝説」となります。

3リール1ラインのメカニカルスロットマシン。トップラインはダブルワイルド3つ揃いの3000倍。3種類のボーナスゲームを搭載。通常時は演出の異なる3つのステージでプレーヤーを飽きさせない。

まずはステージ紹介から。

  • 川ステージ

主人公がボートに乗って川下りをしている。処理落ちが酷い。

宝箱が流れてくると配当のチャンス。金貨が出てくると当たり。蛇が出てくるとハズレ。

アロワナが飛び跳ねると配当確定。

ワニが出現しボーナス図柄がテンパイ(リーチ)すればチャレンジゲームへ。

  • 遺跡ステージ

主人公が遺跡の中を探索している。

コウモリが背後から飛んでくると配当のチャンス。仕掛けられた槍を飛び越えられれば当たり。転んでしまうとハズレ。

左右から壁が迫ってくると配当確定。

ヘビが出現しボーナス図柄がテンパイするとチャレンジゲームへ。

主人公がトロッコに乗っている。

コウモリが飛んでくると配当のチャンス。松明で追い払う事が出来れば当たり。追い払えないとハズレ。

リールに雷が落ちれば配当確定。

後ろから岩が迫りボーナス図柄がテンパイするとチャレンジゲームへ。

※どのステージでも何らかの演出が発生しなければハズレ濃厚。稀にエニーバーや単チェリーが当たる。

※ボスキャラ出現でボーナス図柄がテンパイしても稀にチャレンジゲームに行かずハズれる事があります。

※スタートボタン押下後に突然トロッコステージに移行し落雷演出が発生する事がある。次のゲームでは元のステージに戻る。これは恐らく各ステージの確定演出を表示できていないバグだろう。

 

続いてボーナスゲームの紹介です。『』の中のストーリーは管理人が考えたものであり非公式です。

  • チャレンジゲーム

通常ゲームでボスキャラ(ワニ、蛇、岩)が出現しボーナス図柄がテンパイすれば突入。チャレンジボタンを押して第3リールを止めよう。金か銀のボーナス図柄が止まれば成功。

  • ゴールデンゲートボーナス

『宝を発見した主人公。しかし、宝を手に取った瞬間遺跡が崩れ始めた。逃げ惑う主人公の前に3つの分かれ道が。正しい道は?』

ボーナス図柄が金金銀の順番で揃うと突入するボーナスゲーム。3つのルートから1つを選択すると上画面で主人公が走る。5つの扉があり、くぐり抜ける度に配当獲得。5つ全て突破すると上位ボーナスゲームの「コンドルトレジャーボーナス」に突入。突破できないとそこでボーナス終了。腕力でこじ開けたり爆破したりとパターンも様々なので見ていて楽しい。

  • コンドルトレジャーボーナス

『宝を求めて冒険を続ける主人公であったが彼の体力は限界に近づいていた。そんな彼の前に輝く泉が現れる。主人公は恐る恐る近づいてみると足場が崩れ落下してしまう。しかし、落ちた先は夢にまで見た黄金郷であった。』

ゴールデンゲートボーナスで全突破orボーナス図柄が全て金で揃えば突入する激アツのボーナス。まず、5つの宝から好きな物を1つ選ぼう。基本配当が決定し、その宝を持ち地上へ脱出をする。登れば登るほど宝の基本配当にかけられる倍率が高くなる。壁が崩れEXITの文字が出てくると脱出し配当確定。壁が崩れて配当確定かと思いきや新たに宝を見つけて基本配当上乗せの嬉しいパターンも。脱出に失敗する事はない。

  • ミステリアスサンボーナス

『主人公の前に3つの太陽のレリーフが現れる。主人公は何の迷いもなく口に手を突っ込むと中から財宝が出てくるのであった。これでお宝取り放題と思う主人公だが、彼は驚くほど臆病な男である事を忘れてはいけない。』

通常時のブランク3つ揃いからリール上に太陽が3つ浮かび上がると突入するボーナスゲーム。3つのレリーフから1つ選び配当を獲得する。宝が出ると配当獲得。虫や蛇などの怖いものが出ると配当確定+恐怖ポイント増加。恐怖ポイントが5つ貯まってしまうと主人公が泣きながら逃走しボーナス終了。

 

このゲームはアルゼメダル屈指のバカゲーとしても知られています。

  • いちいち出てくるワイプ

通常ゲームの演出が終わる度にワイプが出てきて主人公が一言。「Oh yeah!!」「Foofoo」「yes.」など叫ぶ。スタートボタンを押せばスキップできる。

  • 冒険者としてヌルいやられっぷり

ワニとの対決に負けて食べられると思いきや川に落ちて号泣したり、槍に突き刺されるかと思いきやつまずいて転んだり、密室で爆弾を使い自爆したりとお茶目すぎる主人公。極めつけは虫が怖くて帰るチキンさ。

非常に動きが重く常にカクカクしている川ステージや岩を避けられずにトロッコから転落してもボタンひとつで何事も無かったかのように復活したりとじわじわくる演出が満載。

 

最後に個人的レビューです。

珍古ポイント ★☆☆☆☆

ミレナリーハイブリッド三兄弟の中では一番人気なので現存数は割と多いです。


おもしろさ ★★★☆☆

リールの動きや出目を楽しむのが売りのメカニカルスロットで液晶演出依存のゲーム性を実現した賛否両論の作品。これはこれでありなんじゃないかなと管理人は思います。チャレンジゲーム成功時が気持ちいい。


メダルの増える感 ★★★★☆

ボーナスゲームに入ってしまえば何とかなる感が。通常時に突然やってくる確定演出でダブルワイルド絡みのジャックポットも熱い。


ストレス ★★☆☆☆

出ない時は演出が起きる事もなく静かにメダルが飲まれていく。演出発生しなければ何も期待できないゲームなのでやましい出目や予告の失敗でイライラする事も少ない。


技術介入度 ☆☆☆☆☆

チャレンジゲームは目押しいらず!同シリーズ他機種と違いマックスベットでなくてもボーナスゲームの内容は変わらないためメダルの少ない人でも安心して楽しめる。

 

一味も二味も違う一風変わったメカスロが打ちたいあなたや予告演出にドキドキしたい現代人のあなたにぴったりの台です!

レジェンドオブエルドラドで冒険をお楽しみください♪

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

アディオスアミーゴ!