ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーのブログ

アミューズメントパーク (ドラゴン)

今回紹介するゲームはみんな大好き!アミューズメントパークです。2007年発売。

 

f:id:zacky0312:20181207215620j:image

 

遊園地とピンボールが題材の9リール8ラインのメカニカルスロットマシン。1ベットで1ライン有効なので8ベットでオールライン有効となる。シンボルは4色のBARとセブン、虹色に光るワイルド、CHANCEと書かれたホイールの計10種類。バンパーのシンボルはブランク図柄。盤面ごと回転する衝撃のギミックを搭載した新筐体「KARAKURI」で登場。同社発売の「トリプルセブンス」シリーズで人気を博した二重リールでシンボルに色が付くシステムがさらに進化。本作ではLEDで色を付けているためゲームに使われる4色だけでなく演出で虹色に輝いたりする。

数々の9リールメカスロ機を手がけてきたドラゴン社の有終の美を飾る作品と言える(同時期に「ワイルドミッションGT」が発売されたがこちらは人気が出ずにほとんどの店から姿を消した)。発売から10年以上経った今も完成度の高さでプレーヤーを魅了し続ける。

トップラインはワイルド揃いの1000倍。ホイール図柄が3つ以上停止でボーナスゲーム「ホイールチャンス」突入。様々な予告演出がゲームを盛り上げる。

略称は「アミュパ」「あみゅー」など。

 

予告演出紹介

 サイドフラッシュ予告

スタートボタン押下時にリールと横のランプが点滅するとホイールチャンス突入の期待度アップ。色によって信頼度が変わる。

  • 青…ほとんど入らない(信頼度15%)
  • 黄…入ったらラッキー(信頼度30%)
  • 緑…チャンス(信頼度40%)
  • 赤…大チャンス!(信頼度60%)
  • ×5(99)

信頼度は全て管理人の体感です。虹フラッシュのハズレと×5停止を私は見たことがないので濃厚と表記しています。

サイドフラッシュが発生しなくても普通に当選するので諦めてはいけない。

 リスピン予告

全リール停止時、ホイールシンボルが2つあれば発生のチャンス。「GOGOGO!」という掛け声とともに1つのリールが再始動。緑以上のサイドフラッシュが絡んでれば熱い。トータルの信頼度は30%ほど。

ホイール以外のシンボルが停止して配当となる事も。

 

続いて本機の目玉ホイールチャンスの紹介

通常ゲームでホイールシンボルが3つ以上停止するとホイールチャンスへ突入する。盤面ごと縦回転しホイールが現れ抽選開始。このギミックは何回見ても感動するので要チェック!

f:id:zacky0312:20181207231942j:image

矢印に止まったマスのイベントが始まる。

 ×5…

ファイブタイムスウィン!!デッデッデーーーッ!キラキラキラポポポポポポ…

やり込んでる人なら上記の書き起こしで何が起こってるかイメージつくはず笑

止まるとガッカリのハズレ役です。トータルベットの5倍の配当を獲得し終了。

メインリールに盤面が戻る時の「キラキラ」という効果音が好き。

ここに止まったかと思いきやホイールが再始動して違うマスに停止する事もあるのでマスが点滅するまで諦めるな!

 

 DOUBLE UP CHALLENGE…

トータルベットの10倍の配当獲得。さらにダブルアップチャンスに挑戦する事もできる。挑戦しない場合はコレクトボタンを押せば配当が確定する。ダブルアップチャンスはディーラーより強いシンボルを引き当てれば勝ちとなり賭け金が2倍になる。負けた場合は賭け金から半額没収され強制コレクト。ディーラーと同一シンボルの場合は引き分けとなりもう一度勝負。プレーヤー側の3つのリールに同色や同一シンボルなどの特定の出目が出現すればスペシャルボーナス獲得。ビデオスロット機種でおなじみのルールである。だが、それをメカニカルスロットが演じてくれるのでリッチな気分を味わえる。

負けても没収額は賭け金の半分、スペシャルボーナスが意外と揃いやすいので負けるまでor振り切りまで叩くのがおすすめ。その分ディーラーは強めな印象。

 

 RAINBOW FREEGAME…

フリースピン8回獲得。フリースピン中はシンボルの色が同一で固定されるため高配当のチャンス!もちろんワイルドシンボルはホイール以外の全てのシンボルの代わりになります。どの色に変わるかは毎回転ランダム。

×5よりもしょぼい配当で終わる事もあればスーパージャックポットが当たる事もある振れ幅の大きいボーナス。赤セブンは4つ出現するだけでトータルベットの20倍がエニー配当で獲得できます。それだけでもでかい。同色セブンはエニー6以上から配当が跳ね上がるのでセブンが大量出現する事を祈ろう。

フリースピン中にホイールシンボルが3つ以上停止すればフリースピン8回上乗せ。

 

 PINBALL FEATURE…

液晶で配当を抽選するボーナスゲーム。

筐体上部の液晶でピンボール(オートプレー)が始まり、球の行方によってボーナスが決まる。

実はこの演出たち…(記事最下部のおまけ参照)

フリッパーに弾かれてバンパーをくぐり抜け盤面上部の道路へ。車に弾かれた方向によって第一分岐が決まる。

→左へ…高速道路に乗って橋を渡る。サブマリンボーナスorタワーボーナスへ

→右へ…遊園地へ。観覧車ボーナスorジェットコースターボーナスへ

  • サブマリンボーナス 期待度★★

スァブマリンボォウナァス!!! ウォウウォウウォーーー!!!!

高速道路に突入した球が対向車に撥ねられ橋の途中で海に落ちてしまうと突入するボーナス。トータルベットの10倍〜200倍が当たる。期待度が一番低い。それなのに突入時にはハイテンションなナレーションのお姉ちゃんがメダルフロアに響き渡る声で「wow wow wooooo!」と叫ぶので恥ずかしい。大半が10数倍で終わる。20倍や30倍が当たれば万々歳。

余談だが、このゲームのファンからは親しみと憎しみを込めて「先生」と呼ばれている。例「また先生が来やがりましたね」

  • タワーボーナス 期待度★★★★☆

橋を渡りきると突入する一番熱いボーナス。その分滅多に出現しない。最低でもトータルベットの50倍が当たる。最高配当は1000倍。東京タワーのエレベーターに乗った球が頂上で花火と共に打ち上げられて配当が決まる。配当の表示が一番あっさりしているボーナスである。

  • 観覧車ボーナス 期待度★★★

遊園地に入った球が入園直後に右から来た車に撥ねられ観覧車に激突すると突入するボーナス。トータルベットの10倍〜1000倍が当たるので好き。突入頻度が多く500倍や1000倍といったジャックポットがよく当選する。高配当に止まったと思ったら逆回転してショボ配当に落ちる事も。倍率が確定するまで気を抜くな。高配当が当たる時は一発目の停止でガシャーンと決まる事が多いイメージ。

入園直後に左から来た車に撥ねられコースターに球が乗ると突入する期待度の高いボーナス。トータルベットの5〜1000倍が当たる。倍率を破壊して突き進む続けば続くほど熱いボーナスとなっている。×5と×10はキャメルバックであっさり破壊。×15も右カーブであっさりと破壊。×20にさしかかりトンネルに入ってからが勝負。倍率を破壊できずに乗降場に着くと配当確定。

突入時、ナレーションのお姉ちゃんがボーナス名読み上げ後に「Gooooo!Gooooo!!Gooooo!!!」と叫ぶ。最高にテンション上がります。ガンダムやってる人達の奇声が許されるなら自分もお姉ちゃんと一緒に叫ぶけど大丈夫?って何回思った事か笑

 

ボーナスの割合はこんな感じでしょうか。

管理人の体感なのであくまで参考程度に。

f:id:zacky0312:20181208201434j:image

 

ゲームを盛り上げる演出たち

このゲームを語る上で避けられないのがサウンド。ゲーム全編に渡ってハイテンションなロックサウンドが使われています。通常ゲームからロック全開♪

アテンダントペイ時(店員様召喚BGM)にはアコギとベースの音が特徴的な切ないBGMが流れる。管理人はこの曲が大好きなのでクレジットを払い出す際にはすぐに店員さんを呼ばず、ホッパーリミットまでメダルを払い出しBGMを流してから店員さんを呼んでいます。

筐体が大きく、着席すると威圧感を感じられる。筐体上部と下部にスピーカーを二つずつ搭載しているため、ハイクオリティな音がプレーヤーを包み込む。

配当獲得時に「デデーン」というギターの音とともに当選リールが揺れ動くアクションが面白い。配当が複数あるとテンポよく連続して鳴る。BARが大量に出現した時はデデーン祭りですごく楽しい。

ホイールチャンス突入時は出現したホイールシンボルが虹色に輝きながら揺れ動き盤面ごと回転する。見えなくなるまで揺れているのが筐体内部の光の反射で分かります。このアクションが厨二心を刺激。

 

管理人の大好きなゲームなので今回は紹介に熱が入ってしまいました。ここまでお付き合いいただきありがとうございます。最後に個人的レビューとおまけです。

 

まだ多くのゲームセンターで遊べるので珍古台の対象外となります。

 

おもしろさ ★★★★★

文句無しの★5です。今までシグマ発売のビデオスロット「マルチプライヤー」でしか搭載されなかった4色のシンボルがまさかのメカニカルスロットで登場。

通常ゲームからハイテンションで遊べます。方向性が全く違う多彩なボーナスゲームが搭載されておりいつまでも飽きずに楽しめる。


メダルの増える感 ★★★★★

ホイールチャンスに入ってしまえばなんとかなる感がある。ピンボールフィーチャーから1000倍はよく当たるしレインボーフリーゲームでとんでもない目が出現しスーパージャックポットの夢が見られるのも良し。通常ゲーム中にしれっと並ぶワイルド揃いや同色セブンのエニー配当も美味しい。

ホイールチャンスが連発する時となかなか入らない波があるので見極められるかが鍵となる。調子のいい時はピンボールフィーチャーで数百倍の配当が連続して起きる事もあるが、ダメな時はサイドフラッシュすら起きない。


ストレス ★★☆☆☆

雰囲気が底抜けに明るいゲームなのでハッピーな演出がストレスをぶっ飛ばしてくれる。

ハマりを喰らっていてもロックなBGMとデデーン演出で元気が出ます。


技術介入度 ★☆☆☆☆

ダブルアップチャレンジの引き際と8ベットで全ライン有効になる事を考慮し★ひとつ。

ベットボタンを少しでも長押しするとすごい勢いでベットされていくので注意。ちょんと押す感じでいい。

 

おまけ

 本機種のバージョン違いで「EQUIPPED WITH KARAKURI ver」が発売されている。こちらは店舗内通信プログレッシブジャックポット搭載のレアな台。設置店舗数はかなり少ない。オリジナル版の液晶上部の窪みになっている箇所にドットマトリクスディスプレイが取り付けられ現在のジャックポット枚数を表示している。

f:id:zacky0312:20181208194714j:image

下パネルがかっこいい。

 店舗の設定によっては自分でリールを止める事もできる。ダブルアップチャレンジにしか使われなかった左中右ボタンを押して縦3リール毎に止めるスタイル。スタートボタンを押すと全部同時に止まる。ボタンを押さずにいると自動的に止まる。

 リール横のサイドランプ含め盤面の多くに鏡が使われているため正面から台を撮影しようとすると自分が映り込んでしまう。斜めから撮るなど工夫をして撮影しよう。それでも筐体に反射してゲーセンの景色が映り込んでしまうので注意が必要。

 ピンボールフィーチャーの演出は2006年に三共から発売された沢田研二とのタイアップパチンコ「CRジュリーザピンボール」のリーチ演出を流用している。もちろんアミューズメントパークにジュリーは出てこないしTOKIOも流れません!

デモ画面になるとナレーションのお姉ちゃんが突然「wow woooooo!」と叫び出す。アミューズメントパークの隣で遊んでいる時や音量が大きい店だと普通にびっくりするので注意。

 

今回はここまで!

ありがとうございました(*^^)v

また次回の記事でお会いしましょう。