ざきぱいアシンメトリー

不眠症ゲーマーのアーケードゲームブログ

続 レッ釣GO!で遊んで来ました

こんばんは。

今日もレッ釣GOを遊んできました。軍資金は預けがないので200枚ほどです。

はじめはボールを多く落とし釣り竿レベル上げを優先してゲームを進めていましたがいまいち増えず…

大物を釣り上げるために100円課金(成功し300枚)とジャックポットチャンス継続のために200円課金(初めからJPCに当選)しました。

大物のほうの課金は矢印マスに入れば必ず釣れるので手持ちメダルが少ない時はお得かなと思います。

ジャックポットチャンスは課金して継続JPCを当てないとダメじゃない?って思うほど無理ゲー感が強いです。

巻き上げ距離が1メートルは鬼畜すぎないか…?1メートルのマスが10メートルでも良い気がします。

同じく釣りを題材にしたメダルゲームでもジャックポットチャンスに関しては「どこでもいっしょ〜トロのおさかにゃ釣り〜(2006年にカプコンから発売 シングルプッシャー機)」のほうがずっと面白いと思います。あっちは自力感ありますし。

ジャックポットチャンス後に台を変えて続行。

美味しい台をツモりました。


f:id:zacky0312:20181013235946j:image

f:id:zacky0312:20181013235943j:image

f:id:zacky0312:20181013235938j:image

f:id:zacky0312:20181013235948j:image

※画像が見えづらい場合は拡大表示でご覧下さい

このゲームはジャックポットを狙うよりコンスタントに大物を釣り上げてメダルを増やしていくのが良いと思います。

釣り竿のレベルより電撃の残量のほうが重要みたいです。レベルが0.5でもボタン連打だけで★★★★★の魚が釣れたりしたので台選びが重要ですね。前回の記事のように「釣り竿レベルは足りてたんだけど云々」と言われる台は避けたほうがよさげです。

また、大きな払い出しが続くとボールのストックが貯まっていくので閉店間際や時間がない時に遊ぶ際は要注意です。私は今日ボール14個のストックを残して帰りました…。゚(゚´Д`゚)゚。

 

改めてマーブルフィーバーと比較すると

面白さ

レッ釣<マーブル

メダルの増えやすさ

レッ釣>マーブル

ジャックポットの当たりやすさ

レッ釣<マーブル

ジャックポット以外でのメダルの増えやすさ

レッ釣>マーブル

運要素

レッ釣<マーブル

あくまで個人的な比較ですが。そもそもレッ釣とマーブルはゲーム性が全く違いますからね…

内部のご機嫌次第で勝ち負けがほとんど決まるレッ釣より物理抽選で勝負のマーブルのほうが私は好きです。子供の頃から玉遊びが好きだったのでビー玉ころころ見てるだけで大満足笑

セガプッシャーゲームは時間かかるゲームが多いですよね。

演出に時間がかかる北斗の拳BMやレッ釣、ジャックポットを当ててからが本当の勝負のガリレオファクトリーやバベルのメダルタワー、ひどいときは有利状態で長時間拘束されるモノポリー2など…

そこがセガの魅力かと言われるとそうなりますね。

 

そういえばコナミのグラクロ最新作のグランドクロスレジェンドのロケテストが開催されてますね。本稼働が楽しみです。

 

今回はここまで!

閲覧ありがとうございました。