ざきぱいアシンメトリー

不眠症ゲーマーのアーケードゲームブログ

くるくるすしパーティー 攻略

今回の記事は2012年に発売されたメダルゲーム「くるくるすしパーティー」の攻略法をご紹介します。

制作は韓国のアンダミロ社で日本での販売はセガが行っています。

子供向けな外観に対して技術介入要素が大きいゲームです。

 

⚠️注意⚠

この記事はあくまでアドバイスなので絶対にメダルが増えるといった保証はありません。

ご理解頂ける方のみご覧下さい。

 

 

 

初期投資は150枚以上あると良いでしょう。

このゲームはスライダーの特性上、右利きの人が有利です。

数百枚のプラスを目標にしてください。四桁のプラス は難しいと思います。

 

ステップ1 台選び(前半)

まずはプレーする台を選びましょう。

メダル投入口が二パターンあり、

f:id:zacky0312:20180714013537p:image

↑の写真のようにメダルの連続投入を促すスライダー付きの台と

f:id:zacky0312:20180714013546p:image

↑のようにスライダーが付いていない台があります。

スライダーが付いていない台では絶対に遊ばないようにしましょう。このゲームはメダルの連続投入が鍵となるのでスライダーが付いていないと圧倒的に不利となります。

 

ステップ2 台選び(後半)

メダル投入からターゲットエリア(回転している板)にメダルが出てくるまでのラグにはムラがあります。なるべくムラのない台を探し、その台に座りましょう。ゴールドシルバー皿やラッキーステップより安定性を重視です。

 

ステップ3 準備

ゴールドorシルバー皿を5枚集めると突入するパーティータイム(ボーナスゲーム)に備えてメダルの準備をしましょう。

f:id:zacky0312:20180714014634j:image

金星丘(親指の付け根の盛り上がってるところ)から中指の第一関節までの量のメダルを縦に並べる。

筐体のふちに片手で取れるようなメダルの量(8枚程度)のタワーを5つほど作る。タワーの間隔はしっかり空けておきましょう。また、ネジの上や後ろには置かない事。

ここから先は並べたメダルの事を「マシンガン」、

作ったメダルタワーの事を「ハンドガン」と表記します。

 

ステップ4 通常時の遊び方

ゴールド皿のターゲットをひたすら狙いましょう。

一枚ずつ丁寧に狙って投入してください。

ラグがあって完璧にターゲットに当てる事は不可能なので、ゴールド皿に当てられなくても後ろにある二枚配当のターゲットがカバーしてくれる事を意識しましょう。

投入タイミングはシルバー皿ターゲットの前にある二枚配当のターゲットエリアが手前に来た時です。

f:id:zacky0312:20180714020110j:image

この写真より気持ち遅めのタイミング。

二枚ターゲットでメダルの減りを抑えながらゴールド皿を貯めていくので、ゴールド皿ターゲットの後ろにメダルを落とすイメージ。

また、早くパーティータイムに入れたいからといって複数枚連続投入してのパワープレーでゴールド皿を狙うのはやめましょう。5秒おきにターゲットは回ってくるので早とちりしないように。精度の低いプレーで大損するなんて愚の骨頂です。

 

ステップ5 パーティータイム突入

このゲームはパーティータイム(ボーナスゲーム)への突入方法が3つあります。

①ゴールドorシルバー皿を5枚集める

②ラッキーステップをゼロにした時に回せるルーレットで当選

③通常時に突如「突然のパーティーターイム!」というアナウンスから突入

気を付けて欲しいのは③です。「準備できてないままパーティータイム入って損した!」なんて事がないように気を付けましょう。

前兆演出として「何か起きるかも?」という声とともにセグ(通常プレー時には×1と表示されている部分)が点滅し始めます。ガセの場合もあり。

 

ステップ6 パーティータイムの遊び方(前半)

パーティータイムに突入すると、まず倍率と時間が抽選されます。

 

🚨ここが重要ポイント🚨

倍率2倍、制限時間20秒が一番ダメなパーティータイムです。

2倍のパーティータイムだとメダルが減る事もザラ。良くて微増程度です。

ゴールドパーティータイムから倍率2倍に2、3連続で入るようだったら回収期濃厚です。

その日は諦めて違うゲームで遊びましょう。

3倍以上の倍率がよく選ばれる時(所謂「開放期」)にプレーするのが望ましいです。

メダルのガンマンと同じく、下手くそな人がチャンスを活かせずにメダルをつぎ込んだ後の台が開放期となっているパターンが多いので要チェック。

 

ステップ7 パーティータイムの遊び方(後半)

ここでやっとステップ3で用意したマシンガンとハンドガンの出番です。

パーティータイムに突入したらすぐにマシンガンを崩さないように左手の金星丘から中指の指先にかけて縦に並べます。そして、右手で10数枚ほどのメダルを取り、スライダーに敷き詰め指で押さえて開始まで待ちましょう。

崩してしまった場合はメダルカップからできるだけ多くのメダルを同じように並べてください。並べるのが肝です。

耳をすませてアナウンスを聞き取りましょう。「レディー…ゴー!」というアナウンスの後にパーティータイムが始まるので「ィ」と言い始めたあたりからフライングしてスライダーに準備してあるメダルを一気に投入してください。カシャカシャと震わせるように指を動かすのがコツとなります。

右手に持っているメダルを全て投入し終えたら左手に残っているマシンガンからまた10数枚取り(リロード)、素早く投入します。マシンガンを4〜5回のリロードで捌き切る事が出来れば上出来です。

とにかくスピードが命です。マシンガンを持つ左手は捌き切るまで投入口のすぐ前に持ってきましょう!

マシンガンを使い切ったらハンドガンの出番です。

左手で左端のハンドガンを取り右手に渡し、右手がハンドガンのメダルを投入している時に左手で隣のハンドガンを取り右手に渡して…の繰り返しです。とにかくこの作業のような動きをいかに早くできるかが重要。

f:id:zacky0312:20180714030602p:image

イラストのように手前に引き出すので、ネジの上や後ろに置いておくと引き出す時に崩れます。

ハンドガンは枚数が少なすぎると手を動かす時間が無駄になってしまい、枚数が多すぎると手に収まらずに倒壊の危険があります。プレーヤーの手の大きさにもよりますが、8枚をおすすめします。

ハンドガンを全て投入しきったら、メダルカップからメダルを取り、とにかくバカ入れ続けましょう。

当たり前ですが、メダルをこぼしてしまったらパーティータイム中ではなくて終了後に拾いましょう。

タイマーが0になったあとにターゲットを倒しても配当は一倍なので制限時間には気をつけてください。

パーティータイムが終わったらステップ3の準備を行い次回のパーティータイムに備えてください。

 

ステップ8 やめどき

マシンがある程度メダルを放出すると倍率が2倍しか出なくなる回収期になります。回収期になったタイミングを見極めて、プラス域で撤退しましょう。

 

これで一通りの解説は終了です。

要点をまとめると…

・準備は必須

・通常時は一枚投入でゴールド皿狙い

・パーティータイムの倍率で2倍がよく出る台は気をつけて

・とにかくパーティータイムで早入れするのが重要

となります。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

皆さんの健闘を祈ります。

GOOD LUCK!!🤞