ざきぱいアシンメトリー

不眠症アーケードゲーマーの狭く深いブログ

レジェンドオブエルドラド (アルゼ)

『もしかしたら1000年後には価値のあるものになっているかもしれないな』

レイダース 失われたアーク」より

常に最新のゲームを揃えておかねばならないゲームセンター。今は遊べなくなったレトロゲームはもちろん、どんなクソゲーにだってファンはいます。価値のないゲームなんてないでしょう。

来年公開のインディ・ジョーンズ最新作が楽しみですね!

 

という事で今回紹介するゲームは「レジェンドオブエルドラド」です!2003年にアルゼより発売。開発はアメリカ合衆国ネバダ州のUDN社。


f:id:zacky0312:20190207195623j:image

f:id:zacky0312:20190207195700j:image

ボーナスゲームの配当と金ボーナス揃いの様子

 

冒険活劇映画シリーズ「インディ・ジョーンズ」の主人公ジョーンズ博士とそっくりな主人公が宝を求めて冒険するメカニカルスロットマシン。ここまで予告演出依存のメカスロがあったか?と思うほど予告演出が鍵となっています。このゲームを「インディジョーンズのメダルゲーム」や「パチモンジョーンズアドベンチャー」と呼んでいるメダルゲーマーもいます笑

タイトル名の「レジェンドオブエルドラド」を日本語に訳すと「黄金郷の伝説」となります。

3リール1ラインのメカニカルスロットマシン。トップラインはダブルワイルド3つ揃いの3000倍。3種類のボーナスゲームを搭載。通常時は演出の異なる3つのステージでプレーヤーを飽きさせない。

まずはステージ紹介から。

  • 川ステージ

主人公がボートに乗って川下りをしている。処理落ちが酷い。

宝箱が流れてくると配当のチャンス。金貨が出てくると当たり。蛇が出てくるとハズレ。

アロワナが飛び跳ねると配当確定。

ワニが出現しボーナス図柄がテンパイ(リーチ)すればチャレンジゲームへ。

  • 遺跡ステージ

主人公が遺跡の中を探索している。

コウモリが背後から飛んでくると配当のチャンス。仕掛けられた槍を飛び越えられれば当たり。転んでしまうとハズレ。

左右から壁が迫ってくると配当確定。

ヘビが出現しボーナス図柄がテンパイするとチャレンジゲームへ。

主人公がトロッコに乗っている。

コウモリが飛んでくると配当のチャンス。松明で追い払う事が出来れば当たり。追い払えないとハズレ。

リールに雷が落ちれば配当確定。

後ろから岩が迫りボーナス図柄がテンパイするとチャレンジゲームへ。

※どのステージでも何らかの演出が発生しなければハズレ濃厚。稀にエニーバーや単チェリーが当たる。

※ボスキャラ出現でボーナス図柄がテンパイしても稀にチャレンジゲームに行かずハズれる事があります。

※スタートボタン押下後に突然トロッコステージに移行し落雷演出が発生する事がある。次のゲームでは元のステージに戻る。これは恐らく各ステージの確定演出を表示できていないバグだろう。

 

続いてボーナスゲームの紹介です。『』の中のストーリーは管理人が考えたものであり非公式です。

  • チャレンジゲーム

通常ゲームでボスキャラ(ワニ、蛇、岩)が出現しボーナス図柄がテンパイすれば突入。チャレンジボタンを押して第3リールを止めよう。金か銀のボーナス図柄が止まれば成功。

  • ゴールデンゲートボーナス

『宝を発見した主人公。しかし、宝を手に取った瞬間遺跡が崩れ始めた。逃げ惑う主人公の前に3つの分かれ道が。正しい道は?』

ボーナス図柄が金金銀の順番で揃うと突入するボーナスゲーム。3つのルートから1つを選択すると上画面で主人公が走る。5つの扉があり、くぐり抜ける度に配当獲得。5つ全て突破すると上位ボーナスゲームの「コンドルトレジャーボーナス」に突入。突破できないとそこでボーナス終了。腕力でこじ開けたり爆破したりとパターンも様々なので見ていて楽しい。

  • コンドルトレジャーボーナス

『宝を求めて冒険を続ける主人公であったが彼の体力は限界に近づいていた。そんな彼の前に輝く泉が現れる。主人公は恐る恐る近づいてみると足場が崩れ落下してしまう。しかし、落ちた先は夢にまで見た黄金郷であった。』

ゴールデンゲートボーナスで全突破orボーナス図柄が全て金で揃えば突入する激アツのボーナス。まず、5つの宝から好きな物を1つ選ぼう。基本配当が決定し、その宝を持ち地上へ脱出をする。登れば登るほど宝の基本配当にかけられる倍率が高くなる。壁が崩れEXITの文字が出てくると脱出し配当確定。壁が崩れて配当確定かと思いきや新たに宝を見つけて基本配当上乗せの嬉しいパターンも。脱出に失敗する事はない。

  • ミステリアスサンボーナス

『主人公の前に3つの太陽のレリーフが現れる。主人公は何の迷いもなく口に手を突っ込むと中から財宝が出てくるのであった。これでお宝取り放題と思う主人公だが、彼は驚くほど臆病な男である事を忘れてはいけない。』

通常時のブランク3つ揃いからリール上に太陽が3つ浮かび上がると突入するボーナスゲーム。3つのレリーフから1つ選び配当を獲得する。宝が出ると配当獲得。虫や蛇などの怖いものが出ると配当確定+恐怖ポイント増加。恐怖ポイントが5つ貯まってしまうと主人公が泣きながら逃走しボーナス終了。

 

このゲームはアルゼメダル屈指のバカゲーとしても知られています。

  • いちいち出てくるワイプ

通常ゲームの演出が終わる度にワイプが出てきて主人公が一言。「Oh yeah!!」「Foofoo」「yes.」など叫ぶ。スタートボタンを押せばスキップできる。

  • 冒険者としてヌルいやられっぷり

ワニとの対決に負けて食べられると思いきや川に落ちて号泣したり、槍に突き刺されるかと思いきやつまずいて転んだり、密室で爆弾を使い自爆したりとお茶目すぎる主人公。極めつけは虫が怖くて帰るチキンさ。

非常に動きが重く常にカクカクしている川ステージや岩を避けられずにトロッコから転落してもボタンひとつで何事も無かったかのように復活したりとじわじわくる演出が満載。

 

最後に個人的レビューです。

珍古ポイント ★☆☆☆☆

ミレナリーハイブリッド三兄弟の中では一番人気なので現存数は割と多いです。


おもしろさ ★★★☆☆

リールの動きや出目を楽しむのが売りのメカニカルスロットで液晶演出依存のゲーム性を実現した賛否両論の作品。これはこれでありなんじゃないかなと管理人は思います。チャレンジゲーム成功時が気持ちいい。


メダルの増える感 ★★★★☆

ボーナスゲームに入ってしまえば何とかなる感が。通常時に突然やってくる確定演出でダブルワイルド絡みのジャックポットも熱い。


ストレス ★★☆☆☆

出ない時は演出が起きる事もなく静かにメダルが飲まれていく。演出発生しなければ何も期待できないゲームなのでやましい出目や予告の失敗でイライラする事も少ない。


技術介入度 ☆☆☆☆☆

チャレンジゲームは目押しいらず!同シリーズ他機種と違いマックスベットでなくてもボーナスゲームの内容は変わらないためメダルの少ない人でも安心して楽しめる。

 

一味も二味も違う一風変わったメカスロが打ちたいあなたや予告演出にドキドキしたい現代人のあなたにぴったりの台です!

レジェンドオブエルドラドで冒険をお楽しみください♪

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

アディオスアミーゴ!

ダブルシンドバッドアドベンチャーズ (アルゼ)

『人生は冒険だ 地図はないけれど』

「コンパス・オブ・ユア・ハート」より

管理人は東京ディズニーシーのアトラクション「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」が大好きでシーに行くと必ず乗ります笑

アラン・メンケン氏の曲が素晴らしい。

 

という事で今回紹介する機種は「ダブルシンドバッドアドベンチャーズ」です!アルゼより2004年発売。

f:id:zacky0312:20190203211607j:image

バトルジャックポット獲得の様子

液晶とドラムリールの複合演出が売りのメダルゲームミレナリーハイブリッド」シリーズのひとつで一昔前のゲーセンではよく置かれていました。

3リール1ラインのメカニカルスロットマシン。タイトル通り「千夜一夜物語」の「船乗りシンドバッド」をモチーフとしている。開発はアメリカ合衆国ネバダ州に本社を置くUDN社。カジノ向けゲームを制作しているユニバーサルエンタテインメント系列会社のひとつ。つまり、カジノ用に作られたゲームの輸入である。

トップラインはダブルワイルドの3つ揃い。上画面に表示されているシンドバッドゴールデンジャックポットを獲得できる。

3種類のボーナスゲームを搭載している。

  • トレジャーチェストボーナス

第3リールペイライン上に宝箱シンボルが停止すると突入。9つの宝箱から3つ選択し配当を獲得する。×5を引き当てれば配当が5倍となるので鍵。最も出現率が高く配当も抑え気味なボーナスゲーム。

  • マジックランプボーナス

第3リールペイライン上にに魔法のランプが停止すると突入するフリーゲーム。魔法のランプから青い魔人(どう見ても「アラジン」の「ジーニー」にしか見えない)が登場し毎ゲーム図柄を揃えてくれる。単チェリー当たりもあり。ボーナス中に再度魔法のランプを止めてしまうと「YOU’RE KIDDING!」と言われボーナス終了。ダブル絡みの当選が熱く、トップラインまで揃う事のある美味しいボーナス。それゆえ出現率は低い。余談だが、原作の物語でシンドバッドがランプの魔人と会うシーンは無い。

バトルシンボルがペイライン上に3つ揃うと突入するボーナスゲーム。巨人との戦いに勝利すれば上画面に表示されているバトルジャックポット獲得。左腕、頭、胸、右腕から攻撃箇所をひとつ選択し、正解すれば次のラウンドへ。4ラウンド目に正しい箇所を攻撃できれば勝利。間違った選択肢を選んだ時点でシンドバッドが殺されてしまいボーナス終了。

正解率は

ラウンド1…3/4

ラウンド2…3/4

ラウンド3…2/4

ファイナルラウンド…1/4

となっている。ジャックポット獲得率は6.18%。

バトルシンボルは滅多に揃わないくせに入ってもジャックポット獲得率が低く期待の薄いボーナス。

 

お供で連れているサルがリールの上を飛び跳ねたり第3リールが虹色に光るといった予告機能が搭載されているが発生頻度は控えめ。兄弟機種のバーグラーやエルドラドのように予告演出が絡まないと高配当獲得は絶望的という訳ではない。

 

最後に個人的レビューです。

珍古ポイント ★★★☆☆

ミレナリーハイブリッド三兄弟の中では最も流通数が少ない上、発売から15年が経っているので現存していればレア。最近ではアドアーズからも姿を消し始めています。


おもしろさ ★★☆☆☆

重いボーナスを単チェリーやエニーバーで現状維持しながら待つスタイルのメインゲームは退屈。通常ステージのBGMである「ボレロ(ラヴェル作曲)」を延々と聞くはめになる。兄弟機と比べるとハイブリッドリールの演出を使いこなせてない感が否めない。


メダルの増える感 ★★☆☆☆

マジックランプボーナス待ち。数百倍の配当が軽々と当たるので一度経験すると病みつきになる。逆に、それ以外のボーナスはほとんどがショボ配当で終わってしまうので空気。バトルボーナスは滅多に入らないくせにジャックポット獲得率も低いのでがっかりしたプレーヤーも多いのでは?


ストレス ★★★☆☆

遊んでみると分かるのだがボーナスがかなり重い。メダル持ちは悪くないのだが地味な絵面が続く。じわじわ飲まれていく感じなので無理ゲー臭が漂う。


技術介入度 ★☆☆☆☆

マックスベットで遊ばないとジャックポット獲得の権利が無くなるので注意。

 

珍しい台ではあるのですが置いてあってもあんまり遊ぶ気にならないこのゲーム。ジャックポットを当てたのもこの記事に貼った写真の1回きりです。

管理人が学生の時は販売機のアイス食べながらよく打ってました。そんな感じの箸休め程度に楽しんであげてください♪

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

メダルゲームのオカルト

こうすれば勝てる!という自分なりのルールにしたがってメダルゲームを遊んでいる方いますか?

管理人は昔からオカルターなのでマイオカルトをいくつか持っています。今回の記事はいくつかをご紹介します。

※あくまでオカルトなのでメダルが増える保証は一切ございません。実践に関しては自己責任でお願い致します。

 

  • ボーナススピンシリーズ

中央のリールにブランクが止まった時は「ジョーカー来い!」と念じるよりも「ちらっと見えてるこの図柄(BSZの場合オレンジか8)消えろ!」と念じた方がジョーカーが動きやすい。指でジョーカーの進行方向をなぞると動きやすいが行き過ぎてしまう場合も多い。

ジョーカーが動いてくれた場合は静かに。ボタンを連打すると逃げられてしまう。

ぴったり止まらなくてもジョーカーがよく動く台は好調のサイン。

 

  • 他シグマ機

ウイニングシリーズのギミック抽選では残り27秒または17秒でスタートボタンを押すといい結果になりやすい。

COOL104でピンチになった時に、異なるスーツの6、9、Qのどれかが助けに来てくれる事が多い。(6をひっくり返すと9。9の読みはQと同じ「きゅう」)

50枚以上当選時に流れるファンファーレを最後まで聞かずにダブルゲームに挑むと勝率ダウン。逆に、引き分け時のSE「トゥルルル トゥルルル」を最後まで聞いてしまうと次のダブルゲームの勝率ダウン。

 

トゥインクルドロップでリザーブエリアにフリー図柄が二つ以上来た時は画面を見ずにリセットキーの鍵穴を見つめながら祈ると当たりやすい。

悪魔城ドラキュラでラッシュチャンス突入時に出てくる説明をスキップせずある程度時間を置いてからスタートボタンを押したほうがボスラッシュへ入りやすい。

 

  • ダブルゲーム

ダブルゲームに挑んだ事を少しでも後悔すると負ける。どこを選ぶか考えると負ける。振り切り直前で欲張ってスペシャルボーナスを意識すると負ける。

ブランクや弱い図柄が止まったリールは次のゲームで強い図柄が止まりやすい。ワイルドの上下はワイルドが止まりたがってる証拠。

ブランクの引き分けは危険の予告。差のある勝ちは次ゲームも勝ちやすい。

例えば「最初は中。次に押すのは最弱のシンボルが止まったリール」というように選択をパターン化して悩まずに押すと勝率アップ。

ダブルゲームの調子が悪い時はハーフダブルで叩くと好調に変わる事がある。

 

高配当当選時に離席や煙草などのドヤ行為をするとその当選分はすぐに飲まれてしまう。

メダルゲームを遊ぶ直前or遊んでいる時にネットでメダル情報を見ていると負ける。…このブログはお家に帰って来てから読んでくださいね笑

「今日は一日メダルやるぞ」と意気込んで行くと負ける。逆に仕事帰りや荷物をたくさん持っている時に遊ぶとあっさりジャックポットが当たる。

新しくおろした服を着ていくと負ける。

アウチや映え出目はジャックポットの予告機能。

煙草を吸っている間は大勝ちも大負けもなく現状維持が続く。

ブラックガムを食べながら遊ぶととんでもない当たりが出る事がある。

突然鳴り出す爆音(他ゲームの音や店内放送など)にびっくりしてしまうと不調期に突入。

店内BGMでバラード曲が流れているとジャックポットが出やすい。

f:id:zacky0312:20190131230410j:image

つい先日back numberの「オールドファッション」が流れている時にまんじゅう3つでました!

 

  • オカルターおすすめドリンク

1位 ジョージア エメラルドマウンテン

メダルゲーマーの間では定番?ツキを運んできてくれます。

f:id:zacky0312:20190131233426j:image

私の2019年初打ちはエメマンとともに♪

2位 変な味の炭酸飲料

ドクターペッパーや季節限定のペプシなどです。飲むと一撃特化のハイリスクハイリターンモードになります。普段は絶対買おうと思わないのに年に数回飲みたくなるんですよねドクペ

3位 サントリー 烏龍茶

烏龍茶を飲むと大負けは少なくなります。管理人が一番飲んでる飲み物なので偶然かもしれないですが…カバンに入れて持ち歩いくと泡いっぱいのラガービールになってしまうので注意。

 

いかがでしたか?

オカルトなので信じるか信じないかは全てあなた次第。

 

今回の記事は完全にネタ回ですねw

お楽しみ頂ければ幸いです。

機種紹介の記事が最近少ないので近いうちに作成します。

それでは!!

アミューズメント仕様のパチンコ

みなさんはゲーセンでパチンコやパチスロを打ちますか?管理人は種銭メダル稼ぎの時点から楽しみたいのでよく打ちます。普通にメダルを借りるよりもお得な場合もあるので。

ゲームセンターにパチンコ・スロットを置くにはアミューズメント施設用の改造を施し、七号転用機という硬貨やメダルが投入できる筐体にセットしなければいけません。

f:id:zacky0312:20190119231423j:image

写真は「CRルパン三世 Lupin The End」のアミューズメント仕様

この画像右下のようにアミューズメント仕様と書いてあるシールが筐体に貼ってあると思います。

大当り中は持玉数が減らずアタッカーに入賞した玉の数に応じてメダルが払い出されるタイプが最もポピュラーだと思います。最近のパチンコは小当りラッシュを搭載していたり一種二種混合機で右打ち中は玉が減っていくのが当たり前だったりとこのタイプに向かないような機種ばかりだと思います。

一年ほど前にゲーセンで「CR戦国†恋姫」を打っていたお兄ちゃんが天下ラブチャンス成功後に玉切れを起こしV入賞させずにパンクという場面を目撃しました。戦国恋姫を打った事ある人なら分かると思いますが、あの機種は右打ち中に天下ラブ役物が完成しても大当りにはならず小当りになりパカパカ開くアタッカーに玉を入れてV入賞すると大当りとなります。1/256で発生する直撃大当りはV入賞なしで大当り獲得です。大当り中は玉の代わりにメダルが払い出されクレジットの玉数が増えないアミューズメント仕様ならではの悲しいミスですね…。

自分のミスなのに店員に文句言ってメダルの保証をしてもらってたのに腹が立ちましが。

f:id:zacky0312:20190119232353p:image

「CR戦国†恋姫」の直撃大当り。ホールにて

 

そんな事件を思い出したので今回は管理人が実際にアミューズメント仕様のパチンコで体験した奇妙な出来事を書いていきます。

 

ケース1 CRぱちんこ必殺仕事人IV

某ボウリングチェーンのメダルコーナーにあった仕事人4。八図柄でテンパイしおりくSPリーチへ発展。八テンおりくは確定なのでもちろん当たる。再抽選で昇格せず八八八のままラウンドが始まると思った次の瞬間!画面には「八一八」と表示され何事もなく次の変動へ。ポカーンとしましたがアミューズメント仕様だから起きるバグかなと思いそのまま打ち続けました。後にも先にもフェイク図柄揃い?が起こったのはこれっきり。これは本当にバグなのか?

 

ケース2 FEVER X JAPAN

シュールで笑える演出が話題となり浜崎あゆみ物語と並びカルト的な人気を博した愛すべきクソ台X JAPAN。薔薇から生まれた薔薇太郎は伝説。デモ画面で流れるムービーが「みんな無名だった」の辺りで終わり通常画面に。Xはタイトルロゴが画面に出てくる時のレインボーイルミが奇麗なのでなんか寂しい。途中で終わるデモ画面を見ていたお兄ちゃんが「やっばwwこれ注射(裏モノを指す俗語)されてるやつだろwwww」って爆笑してたのが印象深いです。遊んでみると通常大当り後の一回転目には必ず熱めのリーチがかかり、それも良く当たる。打たなくてもアミューズメント用と分かる面白い仕様です。多くのお店でこのバージョンは見られました。

 

ケース3 CRぱちんこおぼっちゃまくん

「ともだちんこ」で有名な漫画おぼっちゃまくんウルトラセブンや必殺仕事人、冬のソナタなど自社パロディ演出で話題になった本機。それを某黄色いゲームメーカー直営のゲーセンで打つと変動が終わる毎に1秒ぐらいの謎の間が発生し画面が止まる。この間スタートチャッカーに入賞しても保留はつきません。謎の間に玉を入れないように止め打ちしないといけないのですぐやめちゃいました。

 

ケース4 CR華原朋美みなしごハッチ

旅行先のゲーセンでおばちゃんから確変中の台を譲ってもらった。さらにハンドル固定すると見てるだけでいいから楽だよと教えてくれた悪魔。転用機ツイスターに入っており持玉が1000発を越えるたびに80or150枚のメダルが当たる。パチンコに触ったのはこれが初めてで「一回の当たりでこんなにメダルが出るのか」と思い以後ゲーセンでパチンコを打つように。

 

以上です。

ゲーセンに置いてあるパチンコはホールに置いてあるものとは別物だと思ってるのでどんな激アツ演出を外そうが図柄揃いで大当りが始まらなかったりしても驚きませんw

最近は天下一閃やジェットアローII号といったアナログ機を改造した一発台風の台もゲーセンで多く稼働しています。お金の無くなるスピードが本物のパチンコより早い…。それ系は今度お話しましょう。

 

おまけ

管理人の好きなパチンコランキング デジパチ

1 CR STEALTH

2 CRぱちんこ華王美空ひばり

3 CRぱちんこ必殺仕事人III

4 CRルパン三世 消されたルパン 394ver

5 CRフィーバー倖田來未II

です。ステルスが一番好きな人って珍しいですよねw

華王美空ひばりは徹底した和の世界観が美しかった。仕事人3はまさしく「こういうのでいいんだよ」って台。演出バランスが良いし法則性に熱くなれた。消されたルパンは怖いからマックス機を打たなかった管理人を中毒にさせた戦犯。倖田來未は昔ファンだったのでよく打ってました。初代より2の方が好きです。

筐体コンバートのお話 パート2

『変わらない物など無いと気づいてしまった 気づきたくなかった』

「夢みる頃を過ぎても」より

誰もがみんなこう思いますよね。

 

このゲームを見て笑いました。

f:id:zacky0312:20190114222449j:image

ツッコミどころ満載ですよね。

コナミパチスロ筐体にメカニカルスロット「太極神龍」が七号転用機に入って移植されています。全画面液晶は変わらず。

これに使われているBIGBOSS筐体はパチスロメタルギアソリッドで初登場。その後に悪魔城ドラキュラロードオブシャドウ、戦国コレクション3といったタイトルをこの筐体でリリースしますがどれも客付きは良くなかったです。戦コレ3を最後にこの筐体は使われなくなりました。筐体が余ったからアミューズメント用に改造したのでしょう。

以前フィーチャープレミアムの記事で触れた通りコナミさんは本当にコンバート(改造)が好きですね。

大コケしてイヤホンジャック付きフィーチャーワールドになった「ラブプラス メダル」と携帯充電できるシングルマシンになった「モンスターストライク マルチバースト」の詳細なコンバート情報はこちらの記事をご覧ください。

https://zacky0312.hatenablog.com/entry/2018/08/26/231230

 

最近は音ゲー機種のコンバートも行っています。

「MUSECA」→「ビシバシCHANNEL」

音ゲーとイラストのコラボが売りの「MUSECA(ミュゼカ)」。声優に内田真礼さんを起用しpixivでイラストコンテストを開催するなど気合いが入ったスタートを切りましたが人気はいまいち。100円2クレやPASELIの激安設定をするお店が多く出てきました。大型アップデートを施しゲームバランスの調整を行うもインカムが振るわず昨年にオフラインキットのみでの運営となってしまいました。

その後、このゲームの筐体をコンバートしてコナミの看板タイトル「ビシバシ」シリーズの最新作である「ビシバシCHANNEL」がリリースされました。最近のコナミの営業方針からしラウンドワンやレジャーランドぐらいにしか導入されないだろうと思っていましたが、モーリーファンタジー等ファミリー向けゲーセン含め多くのお店で稼働しています。遊んでる人をあまり見かけませんが…


f:id:zacky0312:20190114234853j:image

f:id:zacky0312:20190114234847j:image

1プレー200円のミュゼカ(左)と49円のミュゼカ(右)

全く関係ないですが、管理人の好きなイラストレーターはカントク先生です。

 

BeatStream」→「ノスタルジア

大画面でアニメのOP/ED映像やボーカロイド曲のPVを見ながら楽しめるタッチ音ゲーの「BeatStream(ビートストリーム)」。洲崎綾さんが声優をつとめる主人公のBisCoちゃんはとっても可愛いく、グッズも発売されました。「閃の軌跡」など他社ゲームや放送中のアニメとのコラボや「えとたま」のキャラソン含め全曲収録などマニアックななイベントを行っていました。それでもインカムは振るわず。他音ゲープレーヤーを取り込もうとした結果多くのヘイトを集めてしまった連動イベント「怪盗BisCoの予告状!!」は有名。その後続編の「アニムトライブ」にアップデートされるが虚しくサービス終了となりました。オフライン対応キットはないので現在はプレー不可です。

オンラインサービス終了が発表され、このゲーム筐体をコンバートしたピアノ演奏シュミレーションゲーム「ノスタルジア」がリリースされました。コナミとあれだけ仲の悪かったセガの直営店にも多く置かれていて驚きました。版権曲をピアノで弾けるのが強みなのかライト層に人気があるようですね。グッズがもらえる女性限定のオフィシャルイベントも店舗で開催されました。

f:id:zacky0312:20190115003931j:image
f:id:zacky0312:20190115004636j:image

管理人はビートストリームが大好きで撤去まで遊んでいましたよ。最終日に撮った写真です。

 

失敗作だと思うタイトルを切って筐体コンバートを行うのはどう思いますか?管理人は『変わらない時代の何が面白いの?』的思考なのでなんだかんだ言って嫌いではないです。

「太極神龍」ですが、パチスロ筐体をコンバートしてメカスロを移植するなんて誰が想像したでしょうか。メダルゲームをほとんど作らなくなってしまった某青いメーカーや某赤いメーカーに比べると少しでもメダルゲームを増やそうとする努力が伝わってきます。これに便乗してセガがサミーの筐体を使ってメダルゲームを出してきたら爆笑します。「DISC UP THE MEDAL」みたいな。アルゼがユニバーサルの筐体を使ってメダルゲーム界に復活なんてしたら天変地異の大事件ですよw サミーもユニバもイベントでカジノ向けだと思われるド派手なパチンコパチスロ筐体を展示していましたし可能性はゼロではないと思いますが…

コナミのBIGBOSS筐体コンバートはまだ続くと思われるので今後の動向に期待ですね。

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

バイバイ!

パトリオット(シグマ)

トップ画をシネマチケット風に変えました。

改めて今年もよろしくお願いします。

新年一発目のメダルゲーム紹介は管理人の大好きな「パトリオット」です。シグマから1996年に発売。

正式名称は「Super 8 Ways Patriot(すーぱーえいとうぇいずぱとりおっと)」。

f:id:zacky0312:20190109181834j:image

上パネ。ライン配当の種類が多い。

 

1ベットで1ラインが有効になる8ラインビデオスロットマシン。シンボルとブランクが交互に配置されているゴーストタイプ。シンボルはBAR(シングル、ダブル、トリプル)と7(赤、白、青)の6種類。ワイルドシンボルは無し。

トリコロールカラーが揃うと高配当を獲得できるのが特徴的。トップラインは7揃いの1000倍。ライン配当の他にエニー配当も搭載している。セイムカラー(同色)は6つ以上、7は5つ以上で配当獲得。

 

エニーBARやセイムカラーの細かい当選が頻発するのでメダル持ちは良い。7が揃えば最低でも100枚もらえるので嬉しい。

シンボルの数が少ないので配当はともかく奇麗な映え出目が出やすい。ジャックポットのイメージもしやすい。

波がある。良い波に乗ればトリコロールBARやエニー7といった中堅の役でじわじわメダルが増えてくる。ラグタイムダンス(払い出し時の曲)が鳴る目が連発して「いい波乗ってるなー」と思う瞬間がたまらない。しれっと揃うトップラインやマシンも考えこんでしまう(複雑な当選があった場合マシンが配当計算するのに時間がかかる)高額エニー配当などのジャックポットも狙える。

昔某チェーン店が掲載してたジャックポットランキングにはこのゲームがよくランクインしていた。80ベット時に7が8つ出現すれば10万枚(8ベット時の7エニー8配当は10000枚)。

 

パトリオットはシグマのマルチゲーム機「シグマ マルチゲームス ブルー」に移植されている。このゲームでは他に「ボーナススピン ジョーカーズダブル」と「アルティメイト」が収録されている。

この作品が他のゲームに与えた影響は大きく、3色の並びが鍵となる作品がシグマをはじめ多くのメーカーから発売された。

シグマ発売

  • ワイルドパトリオット
  • ウイニングホイール フリーnワイルド
  • ウイニングホイールブラックダイヤモンド
  • ポッチーストライク

クロン発売

  • スターズアンドストライプス
  • バーニングセブンス

ほか

 

最後に個人的レビューです。

 

珍古ポイント ★★★☆☆ (単体版)

単体版はもうほとんど残ってません。

青マルチは全国に多く残っているので珍古台の対象外です。


おもしろさ ★★★★★

誰もが認める名機です。やめ時が分からなくなるほど秀逸な出目の制御は中毒性が高い。セイムカラーやトリコロールの配当の搭載によってゲームオーバーまでドキドキしながら楽しめる。


メダルの増える感 ★★★★☆

メダル持ちが良い上高額ジャックポットも狙える優良機。40ベット以上でトリコロール7が揃えば問答無用で5000枚以上の当選が確定となる。


ストレス ★★☆☆☆

1番リール(左上)に赤7のチラリズム率は異常。不調時はブランクが大活躍し地味な出目ばっかり。


技術介入度 ★☆☆☆☆

1ベット1ライン機なので8ベットしないとオールライン有効にならないので注意。

また、エニー配当は8ベットすると10ベット相当に優遇されるので8の倍数のベット額で遊ぼう。

 

昔からずーっと遊んでいる管理人のお気に入り機種です。今年の初打ちもパトリオットでしたw

この記事を読んでくださった皆さんの台でもトリコロール7が揃いますように!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

バイバイ🖐😄

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。

 

今年初のゲーセンに行ってきました。管理人の2019年初トップラインはフルーツショップのメロン揃い(ライン配当10倍)!

完全にネタ枠ですね笑

f:id:zacky0312:20190104231611j:image

フルーツショップって結構面白いんですよ。その名の通り果物図柄だけで構成されたビデオスロットマシンとなっています。

 

いくつか機種紹介記事を作成中なので公開までしばらくお待ちください。

 

おまけ

胸に残り離れない苦いレモンの匂い♪

f:id:zacky0312:20190104232504j:image

※下から二番目のレモンに最弱のチェリーを引いて負ける図